樹脂製品

真空成型部門

弊社では、各種トレーやブリスターパック等、お客様のご要望に応じた製品の設計・個別のニーズに
きめ細かく対応致します。図面やサンプル品の作成、見積もりのご相談はお気軽にお申し付けください。

真空成型とは

シート状の樹脂を加熱し軟化させ、凸型または凹型の金型へセットし、真空圧にて最終形状に成型後、仕上げ加工(抜き加工)し、製品にする成型方法です。

単発真空成型
単板状の枚葉シートまたはロール状のシートを加熱し軟化させ、シートと型との空間を真空状態にすることにより、シートを型に密着させ、成型する方法です。
多品種小ロット生産や、複合多層材料やシルク印刷シートの成型も可能です。
単発真空成型の工程
連続真空成型
連続真空成型とはロール状のシートやフィルムを加熱し成型、冷却、取り出し、抜き加工を連続して行う成型方法です。
トレーやブリスターなどの成型品などに対応し、大ロットも生産が可能です。
連続真空成型の工程
保有設備
連続成型機:1台 / 成型サイズ(最大)700×1,000mm
単発機成型機:1台 / 成型サイズ(最大)600×900mm
油圧プレス機:1台
台プレス機:1台

↑このページの上部へ